IR・カジノ情報

IR・カジノ情報

北海道のIR誘致争いは苫小牧がリード

北海道では、苫小牧市、釧路市、留寿都村の3都市がIR誘致に向けたアピール合戦を繰り広げているが、立地条件やアクセス条件の面から苫小牧が優位にあるとの認識を示した。しかしながら、今のところ高橋はるみ知事はIR誘致の是非を明 […]

IR・カジノ情報

大阪府市、IR事業者の選定に第三者選考委員会

大阪府市は、2020年までに実施されるIR事業者選定に関して、行政と離れた専門家などの第三者による「選考委員会」を設置する方針を明らかにした。選考委員は、ギャンブル依存症や観光事業に詳しい専門家などで構成され、知事と市長 […]

IR・カジノ情報

北海道のIR誘致は依存症対策から

    IR誘致、依存症対策を=安達恒太郎 /北海道  7月にカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が成立し、道内でも誘致を巡る議論が大詰めを迎えている。高橋はるみ知事は誘致の是非を明らかにしておら […]

IR・カジノ情報

トランプ大統領が米IR大手サンズ社の日本進出を口添え

2017年2月、就任直後のトランプ大統領から安倍首相にアメリカ大手IR企業のサンズ社の日本進出を後押しする口添えがあったとかなかったとか。この2ヶ月前にIR推進法案が成立している。同年は、森友・加計問題でIR実施法案は動 […]

IR・カジノ情報

IR区域選定の事前調査を開始

来年度から始まるIR区域の公募に先駆け、全都道府県と20政令都市にIR誘致の意向調査を開始した。政府は、この結果をもとに来年度以降のIR区域の公募および選定のスケジュールを決定する。IR設置区域が認定されるのは2020年 […]

IR・カジノ情報

カンボジアIR「ナガワールド」好調で拡張計画

香港に上場しているカンボジア最大手のナガコープは、首都プノンペンのIR「ナガ・ワールド」のさらなる事業拡張を計画している。ここ数年は中国からのVIP収益が活況で、昨年のカジノ収益は1,000億円を超えた。 カンボジアでは […]

IR・カジノ情報

韓国「PARADISE CITY」にオールスイートの豪華ホテル

韓国の仁川にあるIR「パラダイスシティ・カジノ」にオールスイートの豪華ホテルが誕生する。2017年4月にオープンしたカジノやホテル、コンベンション施設に加えて、新たに大型のクラブやリゾートプール、温泉スパ、ショッピングモ […]

IR・カジノ情報

米大手シーサース社が横浜でのIR構想を発表

米大手IRのシーザース社が横浜におけるIR構想案を発表した。横浜IRのテーマは「Great Wave(偉大な波)」として、外観もビッグウェーブをイメージしている。IRには公共のアメニティー施設を整備するほか、スマートフォ […]

IR・カジノ情報

東京都がIR誘致の検討に向け調査へ

IR実施法案成立以降、態度を明らかにしてこなかった東京都がIR誘致の検討に向けた経済効果および雇用効果、弊害などの調査を開始することを発表した。調査は、外部事業者に委託して来年の3月まで実施される。 都、カジノ誘致で調査 […]

IR・カジノ情報

海外IR企業、日本での有望人材を早期確保へ

日本カジノスクールは、カジノディーラーを本格的に養成する日本初の専門養成機関として2004年4月、東京に開校した。今年4月にはIR誘致が有力視されている大阪に2校目を開校した。これまでに両校合わせて約700人の卒業生が海 […]

IR・カジノ情報

千葉のIR検討会「幕張新都心MICE・IR推進を考える会」

千葉県・幕張新都心エリアでのIR検討会「幕張新都心MICE・IR推進を考える会」が8月に幕張メッセの国際会議場で勉強会セミナーを実施した。講師の丸田氏によると、IR誘致には地元住民と議会の理解が必須であり近隣エリアとの連 […]

IR・カジノ情報

カジノ管理委員会、来年7月に開設

日本のカジノを調査・監督するカジノ管理委員会が来年7月に開設される。内閣府の外局として、行政からの独立性が高い「三条委員会」と位置づけられ、国会同意が必要な委員長1人と委員4人、事務局95人の総勢100人規模となる。   […]