IR・カジノ情報

IR・カジノ情報

カジノ反対の声今も根強く、横浜市の世論調査

横浜市が5~6月に行ったパブリックコメント(2129件)のうち約20%がカジノに関する問題の回答となり、そのうち約94%がカジノ誘致に反対的な意見であることが分かった。理由にギャンブル依存症や犯罪増加などの不安視する声が […]

IR・カジノ情報

ギャンブル依存症の疑い約70万人

現在、ギャンブル依存症と疑われる人は推計で約70万人となり、過去に遡れば約320万人がギャンブル依存に陥ったとみられる。現時点での依存症治療や相談体制は十分ではなく、患者らがミーティングを行う自助グループは全国に170カ […]

IR・カジノ情報

パチンコ・パチスロの台数はアメリカの約5倍

日本のギャンブル依存症の疑いがある人は320万人以上と推計され、設置型ギャンブル機といわれるパチンコ・パチスロの台数は約457万台となっている。これはカジノを多く保有するアメリカ(第2位)の約5倍にあたる。 ギャンブル依 […]

IR・カジノ情報

大阪キタに「IRカフェ」オープン

8月31日、大阪・北新地に「IRカフェ」がオープンした。大阪IRのコンサルタントや全日本ポーカー大会、海外カジノのプロモーションを手掛けるグローバルミックス社の子会社が経営する。店内にはブラックジャックやポーカーなど4台 […]

IR・カジノ情報

カジノ管理委員会に強い権限、来年7月1日に発足

カジノ管理委員会は、公正取引委や国家公安委などと同様に国家行政組織法に基づく独立機関となるため設置には予算委員会での承認が必要となる。そのため設置は来年の夏となる。管理委は、委員長を含む委員5人を国会の了承を得て任命し、 […]

IR・カジノ情報

米IR大手MGMが4大プロスポーツNBAとパートナー契約

米IR大手のMGMリゾーツ社が、アメリカ・カナダのプロバスケットボールリーグのNBAとゲーミングパートナー契約を結んだ。これによりMGMリゾーツ社は、リーグのハイライトや公式データの配信、ロゴ使用の権利を得る。現在、アメ […]

IR・カジノ情報

日本型IR、3ヶ所での経済効果は数兆円

日本のIRの経済効果は、インフラ開発や観光収入などを含めると数兆円規模になると見込まれている。また、粗利30%ものカジノ納付金は自治体にとって大きな財源となる。カジノ事業者にとってはカジノ税のほかに一般法人税なども支払わ […]

IR・カジノ情報

日本のIR市場はアジア第2の潜在能力

IR開業までのプロセスとして、第一にカジノ管理委員会の設置とガイドラインの制定に1年を要する。次に、設置区域の選定プロセスにさらに1年を要する。IR開業予定の2025年のIR全体収益は、マカオの半分となる150億ドル(約 […]

IR・カジノ情報

大阪・キタ都市開発「うめきた」は最先端都市へ

2024年に完成予定の大阪駅北エリア「うめきた」の第2期開発計画で、都心に広大な森の公園が誕生する。緑豊かな都市公園にそってカフェやショップが並び、公園の外側にはホテルやオフィス、分譲住宅が建設される。アクセス面では、J […]