IRセミナー

日経IRフォーラム 大阪 2019.08

  • LINEで送る

日経IRフォーラム 大阪

秋頃に基本方針を公表、来年1月にカジノ管理委員会を設置、大阪は来年春に事業者を決定か。
夢洲IRの開発計画は夢洲のみにあらず、関西一体のまちづくり事業でないといけない。
万博・IRの経済効果 2兆6,000億円、万博終了後のIR経済効果 1兆1,000億円。

萩生田自民党幹事長代行
大阪万博には多くの来訪客が宿泊するためのホテルが必要だと、IRの万博前開業の必要性を説明した。

吉村大阪市長
国の基本方針の遅れは行政対応でカバーしていくとし、万博前の開業は必須条件とした。

前原衆議院議員
大阪IRの成功の鍵は「いかに大阪の魅力を世界に発信できるか」だとし、アニメやゲームなどのクールジャパンがキーになるとした。

竹中氏
大阪IRは、2018年に閣議決定された「スーパーシティー計画」をもう一度考え直すチャンスだとし、人工知能やビッグデータを活用する第4次産業革命のモデルシティーとなる可能性を示した。

 

9:30-9:40 開会
9:40-10:00 基調講演 萩生田 光一 衆議院議員
10:00-10:50 「関西経済の持続的成長~国際集客都市への戦略とは」
10:50-11:10 講演1 ジェフリー・スチュアート・デイヴィス メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン 代表取締役兼CEO
11:10-11:20 休憩
11:20-12:10 「ギャンブル等依存症対策の本質とは〜日本型IRにおけるResponsible Gamingの必要性」
12:10-12:40 特別パネルセッション「大阪IRが目指すべき姿とは~行政課題と民間への期待」
12:40-13:40 休憩
13:40-14:00 講演2 ブライアン・サンドバル MGMリゾーツ・インターナショナル グローバル開発部門 プレジデント
14:00-14:50 「国際観光都市OSAKA~IRが刺激するインバウンド・MICE需要」
14:50-15:20 休憩
15:20-16:10 「夢洲開発と都市の未来」
16:10-16:30 講演3 クリス・ゴードン ウィン・リゾーツ・デベロップメント 社長
16:30-16:40 休憩
16:40-17:20 特別セッション「大阪IRと関西の未来図」
17:20-17:40 クロージングセッション「IRと関西新時代」
18:00‐19:30 情報交換会

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る