IR・カジノ情報

ギャラクシーマカオ、国際ゲーミング賞を受賞

  • LINEで送る

マカオのIR大手ギャラクシーエンターテイメント社が、ロンドンで開催されたインターナショナル・ゲーミングアワード(IGA)でアジア・オセアニア部門の「ベスト・インテグレーテッド・リゾート・オブザイヤー」を受賞した。同社の受賞は3年連続。同賞は、業界関係の専門家や記者の投票によって年間最も優秀なIRに贈られる。

受賞したギャラクシーマカオは、2011年オープンの巨大高級リゾートで、5つのホテルに総客室数3510室を備える。グループの売上高は、9,000億円。また、ベスト社会責任オペレーター賞(ランドカジノ部門)にはマカオ大手のメルコ社が選ばれた。

 

マカオカジノ運営大手GEGが国際ゲーミング賞「IGA」を8年連続受賞

マカオで大型カジノIR(統合型リゾート)「ギャラクシーマカオ」及び「スターワールドホテル」を運営するギャラクシーエンターテイメントグループ(GEG)は2月11日、同月4日に英国ロンドンで開催されたインターナショナルゲーミングアワード(IGA)においてベストカジノオペレーター賞(オーストラリア/アジア地区)を受賞したと発表。同賞の獲得は5回目のこと。

また、「ギャラクシーマカオ」が3年連続でベストIR賞を受賞し、GEGとしてIGAの受賞は8年連続となる。

GEGが発出したプレス発表資料によれば、IGAはカジノ業界のオスカー賞とも称され、全世界のオンライン及びランドカジノ関連企業を対象とし、ジャッジは世界的に著名なカジノ業界の専門家、業界誌記者、アナリスト、インベスター、コンサルタントで構成されるという。

GEGのフランシス・ルイ副会長は今回のIGA受賞について、グローバルな業界関係者からGEGの長年にわたる努力と成果を肯定されたものだとし、今後も継続して顧客に良質な施設、思い出に残るレジャー体験を提供し続けていくほか、(マカオに隣接する中国広東省珠海市の)横琴新区や日本における開発プロジェクトにも注力し、自社ブランドを世界規模でプロモートしていきたいとコメントした。

右がIGA受賞式に臨むGEGのロバート・ドレイクCFO(写真:Galaxy Entertainment Group)

(マカオ新聞)macaushimbun.com/news?id=26594

  • LINEで送る