IR・カジノ情報

サイパンのカジノ、ベストサンシャインの本社をFBIが家宅捜査

  • LINEで送る

サイパンのカジノ、ベストサンシャインの本社をFBIが家宅捜査。
短期間で巨額の収益を上げていることが当局の関心を引いたようだ。

サイパンのカジノ、ベストサンシャインの本社をFBIが家宅捜査。

米連邦捜査局(FBI)の捜査官がサイパンでカジノを運営している企業の事務所に立ち入った。サイパンの地元議員と住民が明らかにした。巨額の収入を上げていることが当局の関心を引いた。

住民らによれば、FBI捜査官は30日午前、香港のインペリアル・パシフィック・インターナショナル・ホールディングス(博華太平洋国際)が使用している事務所に複数の警察官を伴い到着した。捜査官らは数時間、この事務所にとどまり、その間、地元警察は建物への立ち入りを禁止にしたという。同社はカジノ「ベスト・サンシャイン・ライブ」を所有している。

地元議会のエド・プロプスト議員は、「一種の捜査か家宅捜索のようであったのは確かだ。地元と連邦当局が共同で実施しているように見えた」と話した。

サイパンのテレビ局KSPN2はFBIがベスト・サンシャインの事務所を捜索したと報道。インペリアルが捜査対象となっているのかどうかや、捜査官が何かを捜してたのかどうかは分かっていない。

サイパンを統括するFBIハワイ支部のミシェル・アーンスト報道官は、サイパンにおける司法活動についてFBIは「今コメントする立場にない」と述べた。インペリアルの担当者はコメントを控えるとともに、連邦執行当局による事務所訪問を否定することも拒んだ。インペリアルのマーク・ブラウン会長に電話と電子メールでコメントを求めたが返答はなかった。

5万人が住むサイパンは2014年にカジノ規制を緩和。すぐにインペリアルにカジノ開設の独占的権利を付与した。カジノを運営している幹部はトランプ米大統領が所有していた当時のニュージャージー州アトランティックシティーのカジノで経験を積んだ。

(元記事)https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-31/ONNZM26KLVS801

  • LINEで送る