IR・カジノ情報

フランスの大手高級カジノ、日本参入に名乗り

  • LINEで送る

フランスで高級リゾートホテルとカジノを展開するバリエールグループが日本のIRへの参入を目指し、11月に日本法人を設立する。バリエールグループは1912年に創業、フランスを中心に18軒のホテル、34店のカジノ、スパ・レストランを経営している。フランスでは、パリの100km圏内でのカジノ営業は禁止されている。

仏ホテル大手バリエール 日本でカジノ参入意向

フランスを中心に高級ホテルやカジノ、レストランを運営する仏バリエールグループは日本で解禁されるカジノ運営への参入を目指す。準備に向け、11月に日本法人を設けることを決めた。インタビューに応じたジョナタン・ストロックカジノ開発ディレクターは「高級感のある欧州ならではの価値を提供する」と強調した。米国勢などとの競争が激しくなりそうだ。

――日本で解禁予定のカジノには、米大手企業などが参入に強い意欲を…

続きを読む⋙

(日本経済新聞)nikkei.com/article/DGXMZ

  • LINEで送る