IR・カジノ情報

海外IRの成功例と失敗例も国会で審議

  • LINEで送る

参院のIR法案審議において、韓国・江原カジノの依存症問題やアメリカ・アトランティックシティの失敗例が日本型IRの懸念材料として野党から取りざたされた。政府は成功例にシンガポール・マリーナベイサンズを挙げて議論を展開した。

日本のIRは、3社のみに許される権益事業であるため、アメリカのような過当競争は起こらない。また、IRの経済効果の試算についても、設置地域が決まらない以上、具体的な数字の算出は難しい。

 

IR実施法案

カジノ効果 政府、試算示さず 野党「海外に失敗例」

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案は、10日の参院内閣委員会で実質審議入りした。野党は海外カジノの「失敗例」を挙げて疑問を示すが、政府は「日本型IRは対策が十分だ」と繰り返す展開となっている。議論の前提の経済効果など具体的な試算は示されず、平行線が続く。

 10日の質疑で礒崎哲史氏(国民民主)は「米国のアトランティックシティーのようになる危険性があるのではないか」と指摘した。

続きを読む⋙

(毎日新聞)https://mainichi.jp/articles/20180711/ddm/002/010/050000c

  • LINEで送る