IR・カジノ情報

IR実施法案、またしても採決見送りで13日まで先送り

  • LINEで送る

8日に衆院内閣委員会で採決を目指していたIR実施法案がまたしても来週13日まで先送りされることとなった。日曜日に投開票される新潟県知事選への影響を避けるためとみられる。いまだ国会の会期延長も決定しておらず、いよいよ黄色信号が点滅する。与党としては、野党からの森友・加計問題の追及が強まることを懸念して会期延長に二の足を踏んでいる状態だ。

しかしいずれにせよ、参議院では来週から法案審議にかかるという。

 

カジノ法案、委員会採決見送り 新潟知事選への影響懸念

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案について、与党は8日午前の衆院内閣委員会の理事会で、同日の委員会で採決するよう提案した。これに対し、野党は審議が不十分だとして反対し、同日の採決は見送られた。

与党は当初、8日の委員会で採決に踏み切る方針だった。しかし、強行すれば野党が激しく抵抗することが予想され、与党系と野党系の候補が激しく競り合う10日投開票の新潟県知事選にも影響を与えかねないことから、この日の採決は見送る判断に傾いた。与党は次回定例日の13日、改めて採決を目指すとみられる。

(朝日新聞)https://www.asahi.com/articles/ASL6830T2L68UTFK004.html?iref=comtop_8_04

  • LINEで送る