IR・カジノ情報

カジノ施行規則案、設置ゲーム種類と依存対策など

  • LINEで送る

カジノ施行規則案、設置ゲーム種類と依存対策など

カジノ管理委員会からカジノ運営の施行規則案が公表された。ここで認められるテーブルゲームの種類は、バカラやポーカー、ルーレットなど9種21分類となり、花札や丁半は除外された。この中でいうポーカーは、3カードやカリビアンなどの対ハウス式のポーカーに限定されるとみられる。

ギャンブル依存対策としては、カジノ近辺でのATM設置の禁止やクレジットカードの利用不可なども盛り込まれた。さらに、自身や家族をカジノへの入場を強制的に禁止する「エクスクルージョン制度」も導入されることとなった。

今後、5月9日までにパブリックコメントを行いカジノの施行規則が決定される。

丁半賭博や花札は除外 カジノ管理委員会、カジノ施行規則案公表

政府のカジノ管理委員会は2日、統合型リゾート施設(IR)の事業免許取得規則やカジノゲームの種類、依存防止対策などのIR運営の細則を盛り込んだIR整備法施行規則案を公表した。

続きを読む⋙
(2021年4月2日|産経新聞)