IR・カジノ情報

MGM・オリックス、関西大手との連携画策

  • LINEで送る

MGMリゾーツとオリックスは、関西の大手20社を対象に大阪IR事業のコンソーシアムへの出資を募っている。一社あたり最大100億円規模で総額でも約1400億円規模とし、コンソーシアムの過半数はMGMとオリックスで構成する。

大阪IRの事業者公募の受付は2月14日までで、既に申請済のMGM・オリックス連合が攻勢をかける。

大阪IR向け共同事業体 関西20社に参加打診

カジノを含む統合型リゾート(IR)大手の米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスが、大阪府・市が誘致するIR向けに設立を検討する共同事業体に関西企業など20社前後に参加を呼びかけたことがわかった。

続きを読む⋙

(日本経済新聞|2020年2月3日)

  • LINEで送る