2018年11月

IR・カジノ情報

米IR大手のMGMリゾーツ、MLBとパートナーシップ契約

米IR大手のMGMリゾーツ社がMLB(メジャーリーグベースボール)とパートナーシップ契約を結んだ。これによって、MGM社はメジャーリーグを対象としたスポーツベッティングも可能になるとみられる。 アメリカでは、今年5月にス […]

IR・カジノ情報

大阪IRの選考条件に鉄道整備費の負担を追加

2025年に万博開催地に決まった夢洲でのIR開発に関して、大阪市はIR事業者の選考条件に200億円の鉄道建設費負担を加えるとした。 夢洲万博の会場建設にかかる費用は約1,250億円とみられ、国と大阪府市、関西財界で均等分 […]

IR・カジノ情報

関西外大、専門プログラムに米IR大手も協力

関西外国語大学は、ツーリズムの専門知識を教育する新プログラムを9月に開講した。このプログラムには米IR大手のMGMリゾーツ社が協力している。現在31名がマーケティングやオペレーションを学び、海外IRでのインターンシップも […]

IR・カジノ情報

2025年万博が大阪夢洲に決定、55年ぶり2度目

2025年の万博の開催地が大阪夢洲に決まった。1970年の開催以来55年ぶり2度目となる。夢洲万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。開催期間は 2025年5月3日~11月3日の6ヶ月間で、来場者数約2800万人 […]

IR・カジノ情報

日経新聞社IRフォーラムに海外大手IR企業が集結

日本経済新聞社が主催するIR(カジノを含む統合型リゾート)のイベント「日経・統合型リゾートフォーラム~日本版IRが担う成長戦略」が都内で開催され、600人以上の聴衆が参加した。海外からギャラクシー、メルコリゾーツ、MGM […]

IR・カジノ情報

マカオ大手IR、ギャラクシー社も日本IRに参戦

マカオの大手IR企業ギャラクシー・エンターテイメント・グループ社が、日本IRへの参入を表明した。ギャラクシー社は、現在マカオのコタイ地区に2つの巨大IRとマカオ半島に4つのカジノホテルを所有しており、グループの年間売上は […]

IR・カジノ情報

サイパンのカジノ、台風の影響で一時休業へ

サイパンのカジノ、インペリアル・パシフィックは、10月下旬のスーパー台風の復興の影響で16日からしばらくの間カジノの営業を停止する。インペリアル・パシフィックは、総工費約7,750億円の4年5期計画で2017年2月に開業 […]

IR・カジノ情報

マカオ、12年連続でカジノ税の現金給付を実施

マカオ政府は、マカオ市民への現金給付を来年度も実施することを決めた。この財源は潤沢にあるカジノ税収によるもので、給付の実施は12年連続となる。マカオは2002年の変革以降カジノ収益が爆発的に増え続け、2013年には5兆円 […]

IR・カジノ情報

大阪府市、IR推進会議「世界最高水準の成長型IR」

昨日、今年3回目の大阪府市IR推進会議が行われた。年内最後となる会議では、夢洲IRの施設と機能、ギャンブル依存対策、夢洲の防災等に関する具体策がまとめられた。施設・機能については、国際競争力の高い魅力ある滞在型観光の実現 […]

IR・カジノ情報

名古屋市もIR誘致に参戦の意向

名古屋の河村市長が来年後半に動き始めるIR誘致に関して、名古屋市も候補地として名乗りを上げる可能性があることを公言した。政府先月が行った意識調査では「未定」と回答していた。愛知県のIR誘致をめぐっては、早くから常滑市が中 […]

IR・カジノ情報

ギャンブル依存の問題は「レスポンシブル・ゲーミング」

ギャンブル依存の問題は、サービスを提供する事業者やそれを認可する国・自治体のみでなく、サービスを受けるプレイヤー自身も取り組むべき社会的責任と考えられ始めている。依存症者を守ることは、その家族や友人、未成年者の保護につな […]