UC Resort Agencyとは?

UC RESORT AGENCYは、日本のクライアントと海外リゾートをつなぐエージェントサービスを提供します。
これまでの海外での経験とネットワークを活かし、日本の「文化」と「教育」の相互交流に努めます。

▶海外IRに関するツアーおよびイベントの企画
▶日本の伝統芸術の発信およびイベントの企画
▶海外インターンシップの開発および企画

UCRA provides the mutual exchange of the education and culture between overseas resorts and Japanese clients.

UCRAの強みとビジョン

「海外IR(カジノを有する統合型リゾート)」のプロモーションを専門にスタートし、海外インターンシップの開発と日本伝統芸術の海外発信をお手伝いしています。

また、変化する海外IRのマーケティングモデルを提案し、実践して参ります。海外IRにカジノの旅行をお考えのお客様に有意義なツアープランをご提案いたします。

 

理念「1人のVIPより 100人の一般ユーザー」

世界のゲーミングの主流となりつつある「IR」のコンセプトは、①長期滞在、②ファミリー向け滞在、③ビジネストリップです。事業形態の変化とともに顧客形態にも変化が訪れます。「VIPロス」による大幅な減収や「8:2の法則」といわれるマーケットの常識も崩壊しつつあります。IRの強みであるノンゲーミング部門をターゲットに当社独自のマーケティング理論を確立しています。

代表者紹介

経歴

北垣 智佑貴(1973年)
UCリゾートエージェンシー株式会社
(マリーナベイサンズ Third-party Vendor)

学 歴  近畿大学(1996年卒)
前 職  製薬会社

IR関連来歴

日本カジノスクールを卒業後、日本カジノディーラーズ協会(JCDA)認定資格を取得。ラスベガス・ディーラーズスクールと韓国SEVEN LUCKカジノで世界標準のディーリングトレーニングを修了。シンガポール・マリーナベイサンズでの実務経験を経て、公正で健全なカジノの普及とIR事業の推進に努めます。

経歴

2006年3月 日本カジノスクール卒業
2006年6月 PCI Dealer’s School Las Vegas卒業
2006年12月 JCDA認定資格 取得
2008年3月 韓国7Luck Casino研修修了
2014年4月 マリーナベイサンズ Casino Dealer Supervisor

資格

2006年6月 PCI Dealer’s school Las Vegas卒業証
2006年12月 JCDA認定ライセンス
2008年3月 韓国7Luck Casino修了証
2013年3月 マーケティングビジネス検定
2014年2月 ビジネスコンプライアンス検定

実績

▶旅行ホテル専門学校でカジノマナークラスの非常勤講師(5年)
▶関西を中心にホテル・レストランでのイベント実施(500件以上)
▶カジノディーラー養成スクールの運営(3年)
▶カジノアミューズメント店のプロデュース及びコンサル(5件)
▶大阪府議会でのIR誘致に関する一般質問の作成補助(2010年)

代表メッセージ

日本のIR導入は、単に新たなギャンブルを創ろうというものではありません。雇用と経済効果を生み出す観光ツールの起爆剤として期待されています。雇用と外来観光客が増え、税収を生むことで地域経済を活性化しようという政策です。

日本のIR(統合型リゾート)について

2016年の臨時国会において「IR推進法」が成立したことで、近い将来日本にもIRが誕生します。2018年の通常国会までにカジノを合法的に運営するための「IR実施法」が制定され、2019年春までにIR設置区域およびIR運営事業者が決定されると目されます。順調にいけば早くて2022年にも日本第一号のIRがオープンすると見込まれます。そうなれば、世界最先端のIRの誕生であり、同時に世界最高峰のエンターテイメントシティの誕生となります。

IR(統合型リゾート)の魅力

世界におけるIR導入例に「ギャンブルの育成」という目的はありません。日本においてもIR導入は雇用創出や地域経済の活性という明確な目的があり、導入をきっかけにギャンブル依存の救済が制度化されたり、違法賭博が抑制されるなどの有効性は数多く考えられます。また、カジノフロアはIR施設全体のわずか3%程度に過ぎず、しかし全体売上の7割超を叩き出す強力なエンジンとなる収益構造はIR最大の特徴です。

経済効果

海外の大手カジノ企業はすでに日本の都市型IRに1兆円の投資準備があることを公言しています。2ヶ所設置では2兆円もの投資額が予想され、これはシンガポールIRの2倍に及びます。マリーナベイサンズは5,000億円の投資金を5年足らずで回収したので頷けますが、日本の投資規模は1ヶ所で7,000億円程度と見込まれています。開業後は、入場料や納付税による数百億円もの税収が期待され、教育や医療福祉と芸術文化遺産の支援等に充てられることになります。つまり、外国人観光客や富裕層から得た税収が子供とお年寄りのために使われる構図です。

雇用創出

世界最大規模のカジノ、3,000室規模のホテル、大型MICE、シアター、ショッピングセンター、アトラクションからなる巨大複合施設を考えれば約1万5,000人の直接雇用が見込まれます。さらに、新規ビジネスの誕生と波及効果から3万人以上の新規雇用が生まれるといわれています。これも大きな税収効果へとつながります。

安全対策

日本のIRが世界最先端のモデルケースとなるためには、考えられる負の側面を限りなく排除することが大切です。実施法の中で定められる「入場規制」、「ギャンブル依存症対策」、「不正と犯罪防止対策」などの厳正な制度設計の形成が注目されます。IRの導入地域においては、住民のコンセンサスなくしては実現は不可能であるため、国民が納得できる健全なIRの実現を願います。