IR・カジノ情報

IR・カジノ情報

香港サンシティがベトナムで自身初のIR開業

香港のカジノジャンケット企業のサンシティグループが自社開発としては初めてとなるIR「ホイアンカジノ」をベトナムのホイアンにオープンする。6月28日から「限定プレビューオープン」。 サンシティは、フィリピン・マニラでもIR […]

IR・カジノ情報

大阪IR、事業者選定を年内まで延期

当初、6月から9月に延期されていた大阪IRの事業者選定を年内まで延期する。国のIR基本方針の公表が遅れているためだ。今後の状況次第では、2027年春までの開業予定も大幅に遅れる可能性がある。さらに、コロナウィルス不況の影 […]

IR・カジノ情報

大阪IR、全面開業は2028年度まで猶予

コロナ不況の影響を受け、大阪IRの開業計画は最大で2028年度まで遅れる可能性が出てきた。今年6月に予定されていたIR開発事業者の選定も年内まで先送りとなった。2028年の開業となれば、大阪万博の終了後に約3年の空白期間 […]

IR・カジノ情報

和歌山IR、事業者選定は来年に延期

和歌山県は、和歌山マリーナシティを候補地とするIR開発の事業者選定を来年1月頃まで延期する。新型コロナの影響を受け、8月末を予定していた事業者選考の審査書類の提出期限を9月頃まで先送にした。現在、和歌山に名乗りを挙げてい […]

IR・カジノ情報

マカオ、5月のカジノ売上前年比93.2%減

マカオ全体の5月のカジノ売上(GGR)は、前年同月から93.2%減となった。前月4月は前年比96.8%減(約102億円)であった。マカオでは、新型コロナ感染拡大の防疫対策として3月に15日間のカジノの全面休業を行った。現 […]

IR・カジノ情報

日本のIR整備計画は予定通り進行

新型コロナの影響を受け、各自治体のIR整備計画が軒並み先送りとなっている中、来年1月から始まるIR誘致区域の公募は予定通り行われる。しかしながら、整備計画の選定基準を示すIR基本方針は未だ発表されていない。 IR整備法に […]

IR・カジノ情報

アジア系事業者は横浜のIR参入目指す

ゲンティン、横浜のIR参入方針 改めて示す 横浜市が推進するカジノを含む統合型リゾート(IR)について、ゲンティン・シンガポールは横浜市への事業参入を目指す方針を改めて示した。同社は2月、大阪府・市へのIR参入を断念し、 […]

IR・カジノ情報

米ラスベガスサンズ、日本のIR進出を断念

IRの世界最大手ラスベガスサンズ社が、日本のIR進出から撤退を発表した。報道によると、日本を断念する代わりにマカオやシンガポールのIR施設の事業拡大など現時点のビジネスチャンスに力を集中させる考え。 世界のトップを走る彼 […]

IR・カジノ情報

サンシティ、マニラでのIR開発目指す

マニラIRのO&M契約の締結でサンシティが全条件達成に近づく サンシティグループホールディングスは、過半数を所有するフィリピンの子会社、サントラスト・ホーム・ディベロッパーズが、マニラのエンターテインメント・シテ […]

IR・カジノ情報

和歌山IR、事業者公募に2社が応募

和歌山県が進めるIR誘致の事業者公募への申請は海外からの2社に留まった。参加資格審査書類を提出したのは、マカオのサンシティグループとカナダのクレアベストニームベンチャーズ。5月までに審査結果を公表、11月頃には優先権者を […]

IR・カジノ情報

基本方針延期もIR整備スケジュールは予定通り

IR整備を司る国交相は、今後のIR整備スケジュールに変更なしと表明した。来年1月4日から始まる誘致申請も予定通り行う方針。しかし、IR整備の基本方針の発表は未だに決まっていない。 今後の新型コロナウィルス感染の状況によっ […]