0年0月

IR・カジノ情報

マカオのゲーミングライセンス延長の可能性

マカオのゲーミングライセンスが 2〜3年程度延長される可能性がでてきた。2002年に発行された現ライセンスは、2022年6月に有効期限を迎えるが、コロナ打撃の影響で最大2025年6月まで延長されるとゲームアナリストが分析 […]

IR・カジノ情報

横浜IR、市民団体が住民投票請求

横浜市のIR誘致に反対する市民団体は、住民投票の実施を求める請求書を市に提出した。併せて提出された反対署名は19万人超となった。横浜市は、来年の市議会でIR誘致の是非を問う住民投票条例案を提出する。 横浜市のIR誘致で住 […]

IR・カジノ情報

大阪IR、年明けから再始動

大阪・吉村知事は、今日のIR基本方針の閣議決定を受けて、来年1月にも府の実施方針を確定させるとした。また、来年の区域申請の開始に合わせて、夏から秋頃に事業者を正式決定していく予定。この頃には夢洲IRの全容が明らかになる。 […]

IR・カジノ情報

IR基本方針、11カ月遅れで閣議決定

IR基本方針が約11カ月の遅れで閣議決定された。汚職や不正の防止ルールや感染症対策などが新たに盛り込まれた。基本方針の本文は観光庁のサイトから確認できる。(➢観光庁:IR基本方針)   IR基本方針を閣議決定 首相「公正 […]

IR・カジノ情報

マカオのカジノで偽造チップ被害約6500万円

マカオのカジノで偽造チップが発見された。カジノで偽造チップが用いられる詐欺犯罪は世界でよくある事例。紙幣よりも偽造しやすいため、カジノチップを現金化できるカジノが狙われる。 カジノ側もチップにICタグを埋め込んだり、特殊 […]

IR・カジノ情報

カジノの勝ち金に課税、税制改正大綱

日本に設置されるカジノでの勝ち金は、日本人には公営ギャンブルと同様の基準で課税される。外国人観光客は非課税。日本の公営ギャンブルでは、50万円以上の一時所得が課税対象となっている。日本のハイローラー獲得の影響は避けられな […]

IR・カジノ情報

横浜、IR整備の実施方針案を公表

横浜市のIR整備に関する実施方針案が公表された。実施方針の概要には、ホテルやMICEの施設規模や日本文化を発信する施設などの要件の他、過去に30万㎡以上の複合施設の開発運営実績の条件などが示されている。また、10月時点ま […]

IR・カジノ情報

マカオのカジノ収益、昨年比80.5減

マカオの今年11カ月のカジノ収益(Gross Gaming Revenue)は、約6,820億円(526.23億MOP)で昨年比 80.5%減となった。これを受けて、カジノ税収も73.9%減の約3,521億円に留まった。 […]

IR・カジノ情報

IR開業、2020年代後半に計画見直し

新型コロナの影響によるIR整備計画と基本方針の大幅な遅れを受けて、政府はIRの開業時期を2020年代後半へと遅らせる方向で進めている。大阪は既に2028年の開業まで容認しているが、国の整備スケジュールがさらに遅延すれば大 […]

IR・カジノ情報

大阪IR、来月にもスケジュール再調整

大阪IRの事業者選考などのスケジュールは来月にも判明しそうだ。   大阪のIR誘致スケジュール見直しへ 事業者選定時期など 府と市 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指している大阪府と大阪市が、事業者を選定 […]

IR・カジノ情報

長崎県、来月からIR事業者公募

現在、IR計画に関するパブコメを募集中の長崎県は、来年1月からIR事業者の公募を開始する。IR区域申請が始まる秋頃までに最終的な事業者を選定する。 長崎県は佐世保市のハウステンボスをIR候補地とし、地元企業のカレント社を […]

IR・カジノ情報

和歌山IRにバス高速輸送システムを導入

和歌山県は、IR開業を目指す2026年を目途にバス高速輸送システム(BRT)の導入を目指す。BRTとは、バス・ラピッド・トランジット(Bus Rapid Transit)のことでバスを基盤とした大量輸送システム。   I […]