IR・カジノ情報

カジノ管理委員会、来年7月に開設

  • LINEで送る

日本のカジノを調査・監督するカジノ管理委員会が来年7月に開設される。内閣府の外局として、行政からの独立性が高い「三条委員会」と位置づけられ、国会同意が必要な委員長1人と委員4人、事務局95人の総勢100人規模となる。

 IR事業者やマニュファクチュア企業の適格性を調査する「調査室」、カジノ収益の社会還元性を監視する「財務監督課」、カジノのルールを監督する「規制監督課」が設けられる。IR事業への申請者は、役員や家族の財務状況、犯罪歴、海外にもつ口座まで厳しく審査される。日本初のIR開業は2025年以降となる。

 

カジノ管理委、100人規模で来夏発足 犯罪防止厳格に

政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)事業者の適格性を判断するため2019年夏に新設する「カジノ管理委員会」の概要を固めた。総勢100人規模とし、事業者の役員の財務状況や犯罪歴を調べ、暴力団を含む反社会的勢力が介入しないようにする。マネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪も防ぐ。

政府は7月のIR実施法成立を受け、カジノ開業に向けた制度設計を進めている。カジノ管理委員会は内閣府の外局として来年…

続きを読む⋙

(日本経済新聞)nikkei.com/article/DGXMZO

  • LINEで送る