IR・カジノ情報

大阪IR、有力候補の米MGMが業績回復上向き

  • LINEで送る

大阪IR、有力候補の米MGMが業績回復上向き

大阪IRへの参入を目指すラスベガスのMGMリゾーツ社は、2021年4~6月期決算が純損益が約114億円の黒字となったことを発表した。アメリカ全土でのワクチン接種が拡充されたことがプラスに影響した。同期の売上高は約2473億円となり、コロナ禍前の19年同期の7割程度、前年同期と比べると約8倍に伸びた。

米MGM、4~6月期黒字 ワクチン接種でカジノ上向き

大阪でのIR(カジノを含む統合型リゾート)参入をめざす米MGMリゾーツ・インターナショナルが4日(日本時間5日)に発表した2021年4~6月期決算は、純損益が約114億円の黒字(前年同期は約934億円の赤字)となった。

続きを読む⋙
(2021年8月5日|朝日新聞)