IR・カジノ情報

大阪IRの事業者候補は1社のみ

  • LINEで送る

大阪のIR事業者公募が14日締切りを迎え、応募したのはMGMリゾーツの1社のみに留まった。これにより大阪の事業者選定は単独入札で進められることとなり、事実上の決定となる。大阪府市にとっては、今後の交渉イニシアチブが事業者にとって代わられることを懸念される。

海外のIR成功事例では、複数入札のコンペを行うことでより良い開発計画と投資効果を実現してきた。

大阪IRの事業者公募、登録は1グループ 6月にも決定

カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、大阪府の吉村洋文知事は14日、事業者公募に参加登録したのが米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同グループのみだったことを明らかにした。

続きを読む⋙

(日本経済新聞|2020年2月14日)

  • LINEで送る