IR・カジノ情報

長崎IR、早ければ2027年にもオープン

  • LINEで送る

長崎県がハウステンボスに設置を目指すIR(カジノを有する統合型リゾート)は、最短でも2027年度中になる見通し。IR開発のパートナー事業者はカジノオーストリアインターナショナルジャパン(CAIJ)で総工費は3,500億円となる。また、IRへの年間来訪者は840万人を想定し、年間収益を約1500億円を見込み、IR全体で約1万人の雇用を計画している。

長崎IR、開業は最短で27年度 県に年225億円納付、雇用1万人計画

長崎県は21日、佐世保市のハウステンボス(HTB)に誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について、設置運営事業予定者のカジノオーストリアインターナショナルジャパン(CAIJ)が最短で2027年度中の開業を見込んでいることを明らかにした。

続きを読む⋙
(2021年9月21日|西日本新聞)
  • LINEで送る